教材の選び方

 

英会話教材について

英会話の教材は高い教材から安い教材、そして教材とは言えないもの、又は英会話の教材に近いレベルのものが無料で出来るのも多く存在します。
英会話が上手くなるために手当たり次第英語学習していくという方法もあるのですが、やはり、英会話の上達スピードや英会話のレベルが英語教材によって左右されてしまうことは否定できないと思います。

 

英会話教材の選び方

最初に英会話の教材を選ぶときは自分の英語力のレベルを知っておくことが大事です。
英会話の教材に限りませんが大抵の英語教材は初級者レベル、中級者レベル、上級者レベルなどの3つに分かれていると思います。
英会話教材を選ぶならサンプルが無いものは候補から外しましょう。
英会話教材を見るときにサンプルを見ながら初級者レベル〜上級者レベルのどのレベルから実施すれば良いのか判断基準になるからサンプルがあるものが良いと言えます。

 

英会話教材サンプル

英会話教材のサンプルを見るときは中級者レベルから見るのが一番良いと思います。
中級者レベルを見て難しく感じるなら初級者レベルから実施すれば良いのでその英会話教材があなたのレベルに合っている可能性が高いと思われます。
逆に中級者レベルが簡単に思えるのなら、上級者レベルをやっても簡単にマスターする可能性が高いので、より高いレベルの英会話教材を選択した方が学びがいがあると思います。

 

オリジナルの教材での指導

授業を行うときに市販の教材を使用して教える英会話スクールがあります。
市販の教材であれば独学で勉強することもできるし、それに日本人向けに作られている教材なので英語学習するのに良いとは言えません。
自然な英語を身につけたいのであれば、ネイティブの人たちが読むような洋書や学校の教科書、雑誌、新聞、日常生活で目にするものを教材として学ぶことが英語の感覚を養うコツだといえます。
どのような教材を使用して、授業を進めていくのかを説明してもらい、自分で納得してから入会するようにしましょう。

 

教材に関する注意

英語を学習するにあたって当然、スクール側が提供する教材を使用することになるのですが、英会話スクールのほとんどが教材費を設けています。
そこで注意してほしいのが高額な教材をしつこく売りつけようとする英会話スクールが存在するということです。
そういった英会話スクールは授業料が安く、教材費が高い設定になっているので気をつけましょう。
教材も授業料も同様に高ければ質の良い教材なのかということではないので強く勧められても断って帰ってください。
その場は断ってもその後に電話で何回も掛けてくる場合もあるので、弱気にならないで断り続けてください。

 

recommend

保健科学東日本

2017/8/23 更新

English Conversationバー装飾画像
English Conversationバー