講師

講師の中には日本人、ネイティブの人以外にノンネイティブの講師も存在します。

日本人講師

英会話スクールで講師を勤めるのに免許や資格は必要ないので基本的に誰でも勤めることができます。
もちろん、英語力があることが必要でどんな講師が教えているのか、本当に良い講師なのか、見極めることが難しいといえます。

 

ネイティブ講師

英語を母国語とした外国人の講師で、発音や会話だけ専門に学びたいのであれば、ネイティブ講師に教わった方が良いといえます。
しかし、ネイティブ講師も日本で講師を勤めるのに必要な免許や資格など存在しません。
日本人が外国へ行って日本語を教えていると考えれば分かりやすいと思いますが、日本語講師と呼ばれる人たちは日本語講師養成講座を受け、日本語のプロとして教えているのですが、中には教授法などを学ばずに日本語講師を名乗っている人もいるそうです。
日本の英会話スクールにおいても同じことが言え、ちゃんとしたプロの英語講師もいれば、ただ母国語が英語だからという理由で講師を勤めている人もいます。
それに来日して間もなく、職を探すためのつなぎとして一時的に講師をしている人もいるそうです。
ですから、ネイティブ講師に習いたいと考えているのであれば、そういったことを考えながら決めた方が良いといえます。

 

ノンネイティブ講師

ノンネイティブ講師は英語を母国語ではなく、第二外国語として英語を習得した外国人講師のことであります。 外国人講師なら皆ネイティブというわけではありません。

 

アメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリア大卒先生

英会話スクールを選ぶ上でどんな講師が教えているのかということは一番重要な項目なのでを見落としてはいけません。
英会話スクールでは英語圏の大学または大学院を卒業した人が教えているのかチェックした方が良く、英語圏の大学を卒業しているということは相当実力も高いといえます。
英語圏の短大を卒業した人でも文法がしっかりと理解していなくて勉強をやり直すために通っている人もいるそうです。
英語圏の大卒講師ですと大学生活の様子や海外事情を教えてもらうこともあります。
授業の質という点では市販教材や大手オリジナルの教材より優れた教材を提供しているとは言うものの、英語圏の大学、大学院を卒業した講師が教えてくれる英会話スクールというのは非常に少ないのでそちらの方が良いといえます。
もし、そのような講師に出会えたら入会の候補として候補に入れて良いでしょう。
講師の語学留学経験や海外生活経験があるのは最低条件として、それに英検やTOEICのスコアでその講師がどのくらいの実力があるのかということをチェックすることができます。

 

check

フィットネスウェアのレディースを探す

Last update:2017/9/14

English Conversationバー装飾画像
English Conversationバー