英会話で英単語学習

英単語の壁

英会話を学び始めたときにぶち当たる壁のひとつとして英語の単語の意味が分からないことがあります。
言語力がないと英会話のマスターが難しいというわけではありませんが、英語を話している度に「それってどういった意味なの?」と聞いたりしないといけなかったり、ぜんぜん違う意味の言葉と間違えたりします。
それに何年も英語から遠ざかっていている場合だと会話の部分部分の単語は覚えていたとしても、英語の基本的な形や文法なども完全に忘れてしまうので英会話以前に英語そのものをどこから勉強して良いのかさっぱり分からないという人も少なくないと思います。
どちらにしても、楽しみながら英語脳養成と独自メソッドでTOEIC&TOEFL対策の英語を学習することが一番なので英語の勉強を焦ってやる必要はないと思います。

 

英単語と会話

学生時代の英語学習法として英単語帳や英単語カードを作ったりして、英単語だけを覚えていた人がいると思います。
確かに英単語を覚えるのは必要ですが、英語は呪文ではなく、生きた言葉なので英単語だけ覚えるのは逆に時間が掛かると思います。
それよりも楽しみながら文章や会話の中に出てくる単語をその度に聞いて、覚えて言った方がニュアンスなど覚えられるので楽しく覚えられると思います。
例えば、[Address]という英単語があり、日本語でもカタカナ言葉で使うので殆どの方はご存知のとおり、アドレス、つまり住所と言う意味になります。
ところがこれは確かにアドレス(住所)という名詞として使用することがが多いのですが、動詞として使用する場合も多いのであります。
動詞の場合は演説などで話しかけるという意味になり、もちろん名詞として演説や講演として使う場合もあるそうです。

 

英会話学習・英文法

 

英会話と英文法

英会話において、英文法は必要ないと言う人と英文法は必要だと言う人がいます。
英会話学習において、英文法の必要・不必要というのは慣れと知識の違いだと思います。
つまり慣れの部分には英文法のウェイトは低いかもしれませんが、まったく文法を知らないことは英語を知らない段階から英会話をマスターすることと同じだと思います。
つまり日本人は日本語を話せるのですが、英語を言葉として見たときにある一定のパターンを知っていたほうが、文法無視で試行錯誤で英語をマスターするよりも習得スピードが上がると思います。
英語をネイティブに話している人は我々が日本語をマスターした時と同じで文法を知らないと思われます。

 

英文法のマスター

英会話の場合、基本的に英文法レベルは中学生レベルに仮定法を入れれば、ほぼ完璧だと思います。
英会話スクールに通っていて、それに片言でも英語が話せるのであれば、英文法を1から勉強する必要はなく、簡単にチェックするような形で良いと思われます。
それに英文法を覚えるための参考書は1冊で充分なので辞書と同じように何度も繰り返して目を通すことで良いといえます。

 

英会話スクールでの英文法

英会話スクールで英文法を最初から教えてくれるところはほとんどないでしょう。
英会話スクールでの英語学習はある程度の英語のパターンや英語の文法を知っている人達が英語を使って会話やコミュニケーションを学ぶための場所なのです。
英会話スクールでは文法以外がメインとなり、英文法を学ぶために授業料を払うには高すぎるというのです。
英文法の学習は参考書を辞書代わりに使用して、英文法を全く知らないのであれば、英会話スクールに行く前に英文法を1ヶ月ほど独学してからいくと良いと思われます。

 

pickup

原宿 美容院
http://beauty.hotpepper.jp/slnH000111524/

2017/1/24 更新

English Conversationバー装飾画像
English Conversationバー